Fandom


Non kirby この記事は星のカービィシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、カービィWikiではカービィ関連についてしか記述していません。また、編集の際はカービィに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。
ひかわ博一
人物
Hikawa001
デデププ15巻より
読み: ひかわひろかず
業種: 漫画家
性別: 男性
生年月日: 1967年7月4日 (52歳)

ひかわ博一(- ひろかず、1967年7月4日 - )は、日本の漫画家。カービィを題材とした連載漫画『星のカービィ デデデでプププなものがたり』をコロコロコミックにて連載していた。

概要・人物 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

愛知県出身。本名「樋川博一」。

1987年、「快晴!! 青空教室」で第14回藤子不二雄賞受賞。後に小学館の児童誌のゲームを題材とした漫画を手掛ける。1994年から連載開始された『星のカービィ デデデでプププなものがたり』は氏の代表作となり、2006年までの約13年に及ぶ長期連載作品で、カービィシリーズを題材とした漫画でも非常に有名である。その後の活動は不明だが、2012年発売の『星のカービィ プププ大全』でカービィ20周年を祝うメッセージを寄せている。趣味は野球でデデププの表紙裏にその様子の写真を載せていたりする。また、さくま良子谷口あさみが自身をデフォルメ化したキャラクターを単行本表紙裏に描いているのに対し、ひかわ博一にはそう言う物は少なく、自身の顔写真が載ることが多かった。2017年5月15日に東京スカイツリータウンで行われていた「コロコロコミック伝説カフェ」に直筆サインを描きに来ており、数年ぶりのメディアでの登場となった。

2017年5月の「コロコロコミック伝説カフェ」に際し、ルポ漫画『カメントツの漫画ならず道』の作者であるカメントツ氏がひかわ博一氏にインタビューをし、ネット上で噂されている話の真実を聞いた結果が月刊誌『ゲッサン』に掲載される。それにおいて、24巻以降の絵柄の変化や掲示板サイトなどから発祥した鬱病説を否定し、単行本10巻辺りから漫画に対するモチベーションが低下していき、作画作業の殆どをアシスタントに丸投げして何とか連載を継続していたと真実を話す。しかしそのアシスタントも辞めてしまい自身による作画を再開する(おそらく24巻以降の急な絵柄の変化はこれのせいと思われる)が、精神的にも追い詰められ2006年末に連載を辞めることになった。株についてもリーマン・ショックの影響で殆ど意味をなさなかったらしい。ひかわ博一氏は自分のことを「僕はそういう最低の人間なんですよ」「いっそ僕のことなんて忘れてほしい」(と漫画に書いてくれ)と語っていた[1]が、季刊『コロコロアニキ』の2018年冬号(2017年度冬)に『デデププ』の新作を掲載した。

一方で『星のカービィ 〜まんぷくプププファンタジー〜』の第1巻に帯コメントを寄せている[2]

星のカービィ スターアライズ』の公式サイトには描き下ろしのスペシャル漫画が掲載されている。

関連項目 編集

画像 編集

脚注 編集

外部リンク 編集


Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。