FANDOM


(肥惨! スナックジャンキー) ← 第61話 | 第62話 | 第63話 → (師走のカゼはつらいぞい!)
Theater062

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater062h

シアターの間で見られたアニメの表紙

たかが占い、されど占い』( - うらな - うらな - )はアニメ『星のカービィ』の第62話のサブタイトルである。初回放送日は2002年12月21日、初回放送の視聴率は4.7%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

チャンネルDDDの番組「大王のブランチ」で新コーナーが始まった。その名もメーベルの「今日の運勢」。村人たちは最初は期待していなかったが、パームをはじめ、レン村長キュリオ氏、ボルン署長コックカワサキエスカルゴンと次々占いが当たっていく。しかし、キュリオ氏以降はサモに頼まれた子供たちのしわざ。村人全員がメーベルを信じた時、メーベルは「プププランドは海に沈む」との予言をした。助かりたい村人は、メーベルについて行く。海の目の前に来た時、メーベルの手によって海が割れ、道ができるという奇跡が起きた……。

次回予告の台詞 編集

メーベル(以下メ)&サモ(以下サ):(メ)サモ、あんたあたしの占いを信用しないの?カービィや子供達と何こそこそやってんの?(サ)メーベル、君が心配…(メ)そりゃ、あたしだって占いが必ず当たるなんて思ってないわよ?でもどうせ、チャンネルDDDでしょ?適当なこと言って稼げばいいでしょうが。あんまり本気にされると困るの。次はあんた引っ込んでて。(サ)ごめん…

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Mabel Turns the Tables
メーベル形勢逆転[2]

備考 編集

名台詞・迷台詞 編集

  • 「メーベルの占いより、俺の食中毒の方がよく当たるよ」(コックカワサキ) - 直後に「あ、ギャグよ。ギャグだってば~」と言っている
  • 「大人って結構迷信が好きなのさ」(ブン
  • デデデ陛下は辛うじてお命をとりとめてしまいましたが、全治3日の大けがでゲス」(エスカルゴン
  • フーム達に占いが当たることのネタばらしをされて「番組に出て人気者になればがっぽり儲かるけど…」(メーベル
  • メーベルのテントの前で「俺も、メーベル並みに当ててみたいよ~」(コックカワサキ)
  • 「あー、ちょっと私は重いって、アーッ!!」(メーベル)
  • 「占い(屋)の仕事は未来を当てることじゃなくて、みんなの悩みや心配事を聞いて、相談する人の苦しみを和らげること」(メーベル)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。