Fandom


(ナックルジョーがやって来た!) ← 第19話 | 第20話 | 第21話 → (王女ローナの休日)
Theater020

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater020h

シアターの間で見られたアニメの表紙

さよなら、雪だるまチリー』( - ゆき - )とはアニメ『星のカービィ』の第20話のサブタイトルである。初回放送日は2002年2月16日、初回放送の視聴率は6.5%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

南国のプププランドを未曾有の大雪が襲う。一面の銀世界でスノースポーツを楽しむカービィ達は、不思議な雪だるま「チリー」と出会う。すぐに仲良くなるカービィとチリーだが、チリーの様子はどうも怪しい。そしてこの大雪も、自然のものではなかった。

次回予告の台詞 編集

フーム:プププランドはヤシの木が育つ常夏の国。その私たちのふるさとに、突然真っ白な雪が積もったの。もちろん、カービィや村のみんなは大喜び。生まれて初めてスキーやスノーボードで遊んで、雪だるまの友達もできたんですもの。でもこれってやっぱり変よねー?次は初めての冬の物語よ!

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Dedede's Snow Job
デデデのでっチリー上げ[2]

備考 編集

  • ププビレッジに雪が降ったのはこの回が初めてであると思われる。

名台詞・迷台詞 編集

  • チリーと別れる時に「彼はこんな南の国では生きていけない。でも、きっと雪の降る北の国で生き返るわ。」(フーム)この後、チリーの帽子と首につけている鈴が海底に沈んでいく描写がある。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。