カービィWiki
Advertisement
カービィWiki
Bunki.png この記事は曲名としての「こうじょうけんがく」について書かれています。
こうじょうけんがく
楽曲
読み: こうじょうけんがく
英名: Studying the Factory
作曲者: 石川淳
初出作品: 星のカービィ64
収録アルバム: 星のカービィ64 オリジナルサウンドトラックほか

こうじょうけんがく(工場見学)とは、『星のカービィ』シリーズに使用されている楽曲である。英語名はStudying the Factory[1]

概要[]

作曲者は石川淳[2]
初出は、『星のカービィ64ブルブルスター ステージ4。

ファンの間ではシリーズ屈指のトラウマ曲として知られている。これは64での使用箇所がマップ全編に渡ってプレス地帯が続くという高い難易度を誇るステージであり、何度もミスするうちに耳に残ってしまうからである。そのためファンの間では曲ではなくこのステージそのものを指してこうじょうけんがくと便宜的に呼んでいることも多い。

楽曲の経緯[]

初登場以降、『タッチ! カービィ』の「マッドメカニズム」のステージ曲、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』のサブゲーム『爆裂コンベアタッチ!』の曲としてアレンジされている。これらの曲のように、即死トラップがあるステージや工場のステージの曲としてたびたびアレンジされている。
  • 流 - 流用
  • ア - アレンジ
  • 派 - 派生
  • メ - メドレー

ゲーム作品におけるこうじょうけんがく[]

タイトルに(仮)と付いたものは正式名称が不明の楽曲である。

星のカービィ64「こうじょうけんがく」
  • 公式曲タイトル - 「こうじょうけんがく」[2]
  • 経緯 - 原曲
  • 使用箇所 - ブルブルスター ステージ4
  • サウンドテスト - 18
星のカービィ64 オリジナルサウンドトラック』 トラック27収録
タッチ! カービィ「マッドメカニズム」
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス「爆裂コンベアタッチ! (仮)」
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス「爆裂コンベアタッチ! テンポアップ (仮)」
  • 経緯 - 原曲 → 当BGM(ア)
  • 使用箇所 - サブゲーム「爆裂コンベアタッチ!」
  • サウンドテスト - 077
「爆裂コンベアタッチ! (仮)」のテンポアップバージョン。せきがえ後に流れる。
星のカービィ トリプルデラックス「こうじょうけんがく」
タッチ! カービィ スーパーレインボー「こうじょうけんがく」
  • 経緯 - 原曲 (64) → 当BGM(ア)
  • 使用箇所 - サウンドテストのみ
  • サウンドテスト - 32
工場つながりということなのか、ワールド7パープル フォートレスの1ステージ潜入! ガラクタ工場宝箱から手に入る。
星のカービィ ロボボプラネット「はつでんしょけんがく」
カービィファイターズ2「こうじょうけんがく 裏曲(仮)」

各サウンドトラックにおけるこうじょうけんがく[]

星のカービィ64 オリジナルサウンドトラック
トラック27「こうじょうけんがく」
  • 経緯 - 原曲 (64) = 当BGM
『星のカービィ64』レベル5「ブルブルスター」ステージ4で流れるBGM。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス オリジナルサウンドトラック
トラック26「サブゲームメドレー」
  • 経緯 - 原曲 → USDX(ア) → 当BGM(メ)
USDXのサブゲームで流れる曲のメドレー。
星のカービィ 20周年メモリアルサウンドトラック
トラック14「こうじょうけんがく」
  • 経緯 - 原曲 (64) = 当BGM
星のカービィ64版の音源。
星のカービィ ロボボプラネット オリジナルサウンドトラック
Disc 1 トラック28「はつでんしょけんがく」
  • 経緯 - 原曲 → ロボプラ(ア)= 当BGM
『星のカービィ ロボボプラネット』エリア4「ギガント グラウンド」ステージ3、5で流れるBGM。
The Sound of Kirby Café 2
トラック13「眠れるキカイのプラネット」
  • 経緯 - 原曲 (64) → 当BGM(ア・メ)
  • 編曲 - 安藤浩和
終盤に「セレクト画面」のフレーズが使われている。

余談[]

脚注[]

関連項目[]


Sleep.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Advertisement