FANDOM


(歯なしにならないハナシ) ← 第32話 | 第33話 | 第34話 → (究極鉄人、コックオオサカ)
Theater033

シアターの間で見られたアニメのあらすじ紹介

Theater033h

シアターの間で見られたアニメの表紙

え〜っ! 宇宙のゴミ捨て場』( - うちゅう - す - ば)はアニメ『星のカービィ』の第33話のサブタイトルである。初回放送日は2002年5月25日、初回放送の視聴率は5.2%[1]

登場人物 編集

メインキャラクター

ほか

ゲストキャラクター
魔獣

登場したコピー能力 編集

あらすじ 編集

Stub sec このセクションは書きかけです。加筆してくださる執筆者を求めています。

次回予告の台詞 編集

フーム(以下フ)&ブン(以下ブ):(フ)プププランドの皆さん、私たちの緑のふるさとはゴミ捨て場ではありません!(ブ)そうだ!人が住まない田舎だと馬鹿にしやがって!(フ)勝手にゴミを捨てる悪い不法投棄業者を監視しましょう!(ブ)カービィは掃除機じゃないぞー!(フ)次は私たちの戦いを見てね。

海外でのサブタイトル 編集

言語名前意味・由来
英語 Junk Jam
ゴミだらけ[2]

備考 編集

  • 次回予告で2回目のフームの台詞まで、拡声器を使って喋ったような加工がしてある。
  • ストーリー全体がゴミの不法投棄問題の風刺である。
  • ゴミ処理業者の乗っていた宇宙船の名前は「ノソトロモ号」である[3]

名台詞・迷台詞 編集

  • 「ゴミは二度とゴミんぞい」(デデデ
  • 「ゴミんなさい、なんちって…」(エスカルゴン
  • 「このフライパンまだ新しい!餃子ジャンジャン焼けるよー!」(コックカワサキ) - この直後、サモに「カワサキの店で食べるのはよそう」と言われ、泣きだして「ギャグよ、ギャグなのに~」と言っている。
  • 「海に捨てたらどうだね?」(レン村長
  • 「大人って馬鹿ね!何も解決できない!」「目の前からゴミが消えればいいのかね!ふんっ!!」(ロロロ&ラララ
  • 「多分、これが噂のゴミの不法投棄よ」「いい?自然の豊かな過疎地とかへき地が狙われるの。田舎は美しいなんて安心してると、図々しくゴミを棄てるヤツが来るの」(フーム
  • ファイアーライオンを見て「歩く焼却炉だぞい」(デデデ)
  • 「とにかく、自然は私たちの手で守るの!!」(フーム)

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

Sleep この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください! 画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。